Home > 解析事例・インタビュー > ライオン株式会社 様

解析事例・インタビュー

ライオン株式会社 様
部屋干しをスピード乾燥!角ハンガーを使った
「アーチ干し」のすすめ | Lidea(リディア)

[後編] 身近な製品を提供しているライオンでは、製品を正しく使うことでより良い生活を送ってもらいたいと、家事やヘルスケアなどに関連した情報を発信している。より情報の信頼性を高めようと同社が取り組んだのが、ソフトウェアクレイドルの流体解析ツール「STREAM®」による解析結果の活用だ。本来目に見えないものを可視化した動画は非常に訴える力が強いという。

図3 早く乾かすためには空気の動く場所を探すことが大切だ
線形低レイノルズ型乱流モデルを使用した定常解析
※クリックで拡大

 

図4 部屋干しの洗濯物を除湿機で乾かしている様子
線形低レイノルズ型乱流モデルを使用した非定常解析
※クリックで拡大

室内の空気流れなども解析

 山縣氏はほかにも、室内で干すのに最適な場所や、衣類乾燥除湿機を使って洗濯物をうまく乾かすコツなどの検証においてSTREAMによる解析を実施し、その動画をLideaに掲載している。部屋干しをする際には空気の動く場所に置くのが最も大切だ。図3のようなシミュレーションの動画を見れば、どのような場所に置けばよいかが一目でわかる。

 

 衣類乾燥除湿機を使う場合は、洗濯物を干す部屋のドアや窓を閉めることが鉄則だ。さらに除湿機の風は下から当てるのがベストだという。「扇風機の風などは横から当てるので、除湿機もつい横に置いてしまいますが、最も早く乾くのは下に置いた場合です」(山縣氏)。温度25℃、相対湿度80%において実験したところによると、除湿機を図4のように横に置くと乾くのに2.5時間かかるが、下に置くと2時間で乾く。

説得力があり応用範囲も広い

 STREAMで解析することによって、アーチ型が乾きやすい理由を具体的に説明できたのはもちろん、乾く様子を可視化した動画のインパクトも大きかったという。記事は多くのキュレーションサイトで取り上げられるなど注目度が高く、閲覧数も伸びているそうだ。「やはり実験結果を数字で細かく示すよりも、実際に乾いていく様子を見てもらう方が説得力があるようです」と山縣氏は話す。生活者の日常の困り事を解決するという内容はもちろん、信頼性の高い検証を行い、さらにその結果を分かりやすく見せることで、製品への信頼性を高めることに成功しているようだ。解析結果の可視化はインパクトがあり、しかも理屈の上からも納得できる。誰もが納得できるデータを示せているといえそうだ。

 

 得られた解析結果が様々に応用できるのも、コンピュータシミュレーションのメリットだと山縣氏はいう。解析結果を動画にできれば、店頭で流すことも可能になる。製品の前に置いておけば、強力な製品のPRツールになるという。部屋のどの場所に洗濯物を干すとよいかについても、部屋の場所によって流れが違うことが見える化でき、非常に分かりやすかったという。

 

 一方、解析では実際のタオルのように気流によって揺らぐことはなく真っ直ぐの状態で解析したため、気流とタオルの作用も考慮できればより正確な結果が得られるだろうと山縣氏は話す。

 

 なおタオルの解析については、物体内にある水分を放出したり通り抜けたりできる機能を使用した。これはSTREAM独自の機能だ。吸湿や放湿の機能がある建築材料などで利用できる。またタオル表面のパイルによる抵抗なども設定し、合わせ込みを行った。

 

 山縣氏は、はじめから解析についてはソフトウェアクレイドルに依頼しようと考えていたという。山縣氏はレオロジーの専門であることから高分子のシミュレーションは行っていたものの、空気流れのシミュレーションは勝手が違っていたため、取り組めば本業とは別に大きく時間を割くことになると判断したそうだ。STREAMの操作そのものは難しくはないが、パラメータの設定などは簡単ではなく、実験に対して論理的な仮説を立てられる必要があり、それには経験の積み重ねが必要だろうという。

生活に密着した分野で流体解析は有用

 山縣氏は、流体解析ツールは「生活者の役に立つようなテーマにもっと応用できると思います」と話す。紹介したような日常生活に関するものや、津波がどこまで来るといったような例も当てはまる。これらの現象を目で見えるような形にすることで大きな説得力を持たせることができる。実際にライオンには多用な製品があり、それらはさまざまな面で流体に関わってくる。そのため同社内でも流体解析が役に立つテーマはたくさんあるだろうという。

 

 例えば浴室内の掃除は、天井のカビ取りまでしなければならないのでとても大変だが、ライオンは煙によって除菌する製品「ルック おふろの防カビくん煙剤」を販売している。この煙が効率よく流れる条件を探るといったことにも使えるだろうという。「あとはそういったデータを生活者にいかに目にしてもらい共感を得るかが大事になります」(山縣氏)ということだ。

 他に流体解析を活用したい用途としては、洗濯物が洗濯機から取り出すときに絡まっていることがあるが、それを事前に予測できないかという。洗濯中は洗濯機のふたがロックされ中は見えない。実際に観察しようと透明の洗濯機が作れないか家電メーカーに問い合わせたこともあるが、脱水時の遠心力に耐えるものを作るのは無理だと言われたそうだ。「本来目に見えないものを見えるようにするという意味でSTREAMは有用なツールなので、より広い分野で活用されるようになればよいですね。解析も1週間かかるようなものが数分で得られる時代になりましたし、今後の解析技術の進歩に期待しています」(山縣氏)。

※STREAMは、日本における株式会社ソフトウェアクレイドルの登録商標です。
※その他、本インタビュー記事に記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※本インタビュー記事の内容は2016年6月現在のもので、予告なしに変更する場合があります。また、誤植または図、写真の誤りについて弊社は一切の責任を負いません。

プロフィール





 

ライオン株式会社
創業 1891年
設立 1918年
本社所在地 東京都墨田区
代表者 代表取締役社長 濱 逸夫
従業員数 連結:6,816名(平成27年12月31日現在)
事業内容 ハミガキ、ハブラシ、石けん、洗剤、ヘアケア・スキンケア製品、クッキング用品、海外現地会社への輸出
URL http://www.lion.co.jp/

ダウンロード

PDF

本インタビュー記事のPDF版をダウンロードできます。

ダウンロード

体験セミナー一覧

関連ソフトウェア製品

関連製品

関連製品
構造格子系汎用三次元熱流体解析システム
製品紹介ページヘ

このページを見た人はこのページも見ています

photo

三機工業株式会社

シミュレーション結果を目の前に実在するかのように3D体感できるMRシステムの構築により、イメージどおりの工事を実現

  • STREAM
  • SCRYU/Tetra
photo

日立水戸エンジニアリング株式会社 様

リアルタイムに熱問題を解決 設計者がすぐにアイデアを試せる環境こそが強さの秘訣

  • STREAM
  • 熱設計PAC
  • PICLS
photo

東京工科大学

シミュレーションと実験を両立させる教育で、電力ロスゼロのサステイナブル社会を目指す

  • STREAM
photo

アサヒビール株式会社

グラス内の気流解析を実施し『香りに出逢うグラス』を開発 ~グラスの形状から香りの拡散を予測する手法について~

  • SCRYU/Tetra

※お問い合わせの際には、ご所属、ご氏名など、個人情報を正しくご記入ください。
 ハンドルネーム等、匿名および連絡先が不明の電子メールは回答いたしかねる場合がございますのでご了承ください。

※お客様の個人情報の取り扱いにつきましては、弊社個人情報保護方針をお読みになり同意の上お進みください。

※お問い合わせの内容によっては(例:宣伝・勧誘・売込み等)、ご返信を差し上げられない場合がございます。
 また、内容によっては回答までに数日かかる場合がございます。

※当社からお答えした内容は、問い合わせ頂いた法人と個人の方へお答えした内容につき、
 その全部または一部を他の方へ開示する行為は堅くお断りしております。

ソフトウェアクレイドル ユーザーカンファレンス2018

基板専用リアルタイム熱解析ツール PICLS

TOP