Home > CAE便利ツール > グラスホフ数

Cradle Viewer

計算ツール

グラスホフ数

浮力と粘性力の大きさの比を示した無次元数です。
重力加速度を g [m/s²]、体膨張係数を β [1/K]、代表温度差を ΔT [K]、代表長さを L [m]、動粘性係数をν [m²/s] とすると、グラスホフ数Gr は以下の式によって求められます。

グラスホフ数

代表温度差には、固体の表面温度と主流温度の差などが用いられます。
自然対流におけるグラスホフ数は強制対流におけるレイノルズ数と同様の意味を持ち、自然対流によって生じる流れが層流になるか乱流になるかを示しています。

自然対流が層流から乱流に遷移する臨界グラスホフ数は流体の種類や流れの状態によって異なりますが、概ねGr = 108 ~ 109とされています。
なお、グラスホフ数という名前はドイツの工学者 フランツ・グラスホフにちなんだものだといわれています。
 

体膨張係数、代表温度差、代表長さ、動粘性係数を入力し、「計算」ボタンを
クリックすると、グラスホフ数が表示されます。
デフォルト表示の体膨張係数、動粘性係数は20℃の空気における値です。
体膨張係数は理想気体とみなし、温度293Kの逆数です。
重力加速度は9.80665m/s²としています。
なお、計算結果は参考値です。
体膨張係数[1/K]代表温度差[K]代表長さ[m]動粘性係数[m²/s] グラスホフ数
※本計算ツールは、無償で提供するものですので、その品質や性能についていかなる保障もされておりません。したがって、利用者は自己の責任において使用することとし、使用することで生じた損害の一切の責任を弊社は負いません。
基板専用リアルタイム熱解析ツール PICLS

TOP