Home > 製品サービス > STREAM 製品紹介

製品サービス

STREAM® 製品紹介

STREAM® 特徴

 STREAMは、電子機器、建築土木などさまざまな業界で使われ続け、既に30年以上の実績を誇る汎用の熱流体シミュレーションソフトウェアで、進化し続ける圧倒的な使い易さと高速演算が特長のツールです。一方、熱設計PACは汎用のSTREAMを基に、熱設計に必要な物理機能のみを搭載し、使い易さを追求したツールで、シンプルさとパワフルさを兼ね備えているのが特徴です。

STREAM

V13製品カタログ ダウンロード

熱流体シミュレーションソフトウェアの株式会社ソフトウェアクレイドルが開発・販売している全てのソフトウェア製品を掲載したカタログをPDF形式でダウンロードいただけます。
 

[PDF2.0MB|2017.3月改定版]

ソフトウェアクレイドル製品案内

主な機能

多彩な形状再現方法

多彩な形状再現方法

計算に利用するモデル形状は、メッシュに沿い、斜めの面や曲面をさいの目状に表現するボクセル法、CAD形状の再現性を向上させるカットセル法に加え、非構造格子で定義される任意形状の物体を有限要素モデルにより重ね合わせてCADのオリジナルの形状をそのまま利用することもできます。

 

大規模計算

大規模計算

直交構造格子を採用することで、複雑なモデルであってもモデル修正の必要がほとんどなく、メッシュ分割の難易度がモデル形状や規模に左右されることがありません。また、並列処理による高速演算が可能で、並列数に応じて計算速度が向上する効率の高いソルバーになっています。

移動物体

移動物体

剛体が移動することによって引き起こされる流れを計算することができます。平行移動・回転・伸縮の動作に加え、発熱・吸熱、流体の吹出し・吸込みなどの条件も設定することが可能です。また移動する物体は別のメッシュで作成されているため、移動量などの制限が非常に少ないのが特徴です。

沸騰凝縮

沸騰凝縮

液体と伝熱面の温度差などにより気液二相流となる沸騰流の解析が可能です。沸騰流を自由表面流解析法であるMARS法により解析し、蒸発と凝縮の相変化をF値(流体の体積率)の増減によりモデル化します。併せて、潜熱と体積(気液の密度差)の増減を考慮します。

マルチブロック

マルチブロック

部分的なメッシュ細分化により、高い形状再現性と計算効率向上が期待できます。

変数カスタマイズ

変数カスタマイズ

三角関数やIf文による分岐条件など、複雑な条件をコンパイル無しで設定できます。

部品ライブラリ

部品ライブラリ

頻繁に利用する部品の設置位置、材質、発熱量など、形状と条件の登録が可能です。

 

熱回路網モデル

熱回路網モデル

Delphiモデル(多抵抗熱回路網モデル)を用いて高精度の計算が可能です。

ペルチェモデル

ペルチェモデル

ペルチェモジュールの能力特性を考慮した計算を行うことが可能です。

ファンモデル

ファンモデル

ファン形状を作成すること無く、P-Q特性や旋回成分などを考慮した計算が可能です。

スリットパンチングモデル

スリットパンチングモデル

開口率を設定するだけで、部品の圧力損失特性を考慮した計算が可能です。

ヒートパイプモデル

ヒートパイプモデル

発熱部品から放熱部品へのヒートパイプによる熱輸送をモデル化した計算が可能です。

ヒートシンク

ヒートシンク

ピンフィン、プレートフィン形状をパラメータ指定で簡単に作成可能です。

HeatPathView

HeatPathView

通常の熱流体解析の結果処理では、各部品の温度やマクロな放熱量は捉えることができますが、その情報だけでは放熱経路は分かりません。HeatPathViewは、解析対象全体の熱の移動経路と移動量を経路図やグラフ、表などで表示することができ、放熱経路のボトルネックなども容易に発見することができるツールです。

ElectronicPartsMaker

ElectronicPartsMaker

QFP、SOP、BGAなどの半導体パッケージをパラメータ指定にて詳細形状で作成したり、Delphiモデル、2抵抗モデルなどの熱抵抗モデルで簡易モデルとして作成が可能です。半導体パッケージメーカーが内部の情報を開示せずに熱抵抗モデルとして利用者に提供することができます。

配線パターン読み込み

配線パターン読み込み

プリント配線基板の配線パターンによる伝熱条件を詳細に計算するため、電気CADが出力するガーバーデータを読み込み、熱流体解析のモデルとしてインポートすることができます。ガーバーデータを利用することにより、配線の偏りによる伝熱の影響などを考慮した、より詳細な解析が可能です。

放射

放射

物体間の温度差および放射率の設定により、赤外線などの放射による熱移動を考慮できます。計算方法として、VF(形態係数)法とフラックス法が選択できます。放射の透過・吸収・拡散・反射・屈折も考慮することができます。フラックス法では、指向性も考慮することができます。

BIM

BIM

BIM2.0に対応するインターフェースをご用意しています。Autodesk® Revit®およびGRAPHISOFT ARCHICADは対象部品の選択やツリー構造の維持、簡略化を行えるダイレクトインターフェース(オプション)のほか、BIM標準のIFCフォーマットを読み込むことができます。

照度解析

照度解析

建物の開口部からの昼光照度のほか、指向性を考慮した人工照明まで計算することができます。壁など物体表面は拡散反射として扱われます。一般的に建物では開口部が大きいほど熱損失が大きくなる傾向にあり、熱と光のバランス検討などをSTREAM内で完結させることができます。

空調部品, CFDパーツ

空調部品|CFDパーツ

空調機器で良く利用される、天井カセットエアコンやアネモ、ブリーズラインなどのモデル形状のほか、空気調和・衛生工学会から提供されるCFDパーツ(吹出特性など)をインポートすることも可能です。また、空調機モデルでは単純な加熱、冷却のほか、実際の運転を模擬した様々なパラメータを設定することができます。

日射, ASHRAE, NEDO

照度解析

プリセットされている国内外の気象データ(ASHRAE、NEDO)や、任意の緯度経度および日時を入力することにより、各時間の太陽高度、方位角を自動で算出し、日射による影響を詳細に検討することができます。また、物体側は日射の吸収率や反射率、曇りガラスのような拡散透過をする物体など、様々な設定が可能です。

PMV,SET* 換気効率

PMV,SET* 換気効率

快適性指標であるPMV,SET*をすでに計算済みの温度、湿度、MRTなどから結果処理機能として算出することができます。また、実時間変換も可能な換気効率指標(SVE)は、ボタン1つで設定ができ、2室のうち1室など、範囲を選択することも可能です。

湿度結露

湿度結露

空気の湿度解析のほか、壁面の温度による表面結露の発生と蒸発、または時間あたりの結露量(蒸発量)の把握などが可能です。さらに、固体内の湿分移動にも対応しており、透湿性の物体や内部結露などの検討にも利用することができます。

植栽モデル(流れ・熱)

植栽モデル(流れ・熱)

植栽の抵抗係数と葉面積密度を設定することで植栽による空気抵抗を考慮できます。シラカシなど良く使われるものはパラメータも推奨値として用意しています。また温度固定や吸熱量の設定により、葉の蒸発潜熱による冷却効果を模擬することも可能です。屋外風環境やヒートアイランドの解析に利用できます。

WindTool(屋外風環境評価ツール)

Windtool(16風向一括設定)

屋外の風環境評価を行えるツールです。村上らによる方法と風工学研究所による方法での評価が可能で、ベースとなる形状と風環境評価に必要なパラメータを指定することで、自動的に16風向の計算を行い、計算結果から風環境ランクを算出します。もちろん、風向別に詳細な気流の分布や圧力分布などを見ることも可能です。

電界

電界

流体力とは別に電荷を持った粒子などに外力を与える電界の影響を考慮できます。粒子の電荷と壁面の電位などを設定することで、静電塗装の付着箇所制御などに応用することができます。逆に静電気を帯びた粒子が壁に付着しない流速の検討などにも利用できます。

マッピング

ズーミング

着目部分は一部でありながら、周辺の広い範囲の影響を受ける場合、着目部分のみの解析に、周辺の解析結果を境界条件として利用し、計算負荷を抑えることができます。外部の影響が大きい電子機器筐体の内部だけの計算でも、外部の計算結果から得られた境界条件を設定することができます。

発泡樹脂流動

発泡樹脂流動

住宅の断熱材や冷蔵庫の断熱用途などで使われる発泡樹脂を充填していく挙動が計算できます。注入速度や圧力、注入位置などの検討において、充填される様子を3次元で把握することができ、実測より短時間で多くの情報を得ることができます。

自由表面

自由表面

気体と液体の界面形状を計算する機能です。MARS法とVOF法の2種類があり、気体と液体両方、液体だけなど計算対象も選択できます。土木分野での津波のような広範囲の現象から、電子機器分野でのはんだ付けなどの細かい現象まで様々な解析に対応しています。

凝固融解

凝固融解

水から氷、氷から水など、流体と固体の相変化を考慮することができます。凝固している部分の影響で流れが変化したり、流れの状況に応じて融解する速度が変わるなどの影響に加え、融解時の潜熱も考慮が可能です。製氷機の水が氷になるような計算をすることができます。

ジュール熱

ジュール熱

電気抵抗のある物体に電流を流すことによって発生する熱(ジュール熱)を考慮することができます。配線などの導体の設定と電流値や電圧値を指定することで、自動的に配線が発熱体として機能します。

粒子追跡

粒子追跡

粒子特性(粒径・密度・沈降速度)に応じた挙動および、粒子と流体との作用反作用を考慮した解析ができます。質量粒子では重力による沈降や慣性力、荷電粒子では電界力による移動、粒子から壁面付着時の液化、粒子の蒸発、それに伴う潜熱の考慮、液体内での気泡としての利用など様々な応用が可能です。

パネル(伝熱・移動・熱移送)

パネル

モデル上、厚みのないパネルに材質や移動条件を付与することで、別の部品への熱伝導や、空気への放熱などを考慮する事ができます。プリンター送紙やフィルムの乾燥工程のように薄いものが移動し、その過程で加熱・吸熱を繰り返すような現象を再現することができます。


体験セミナー一覧

製品カタログ ダウンロード

熱流体シミュレーションソフトウェアの株式会社ソフトウェアクレイドルが開発・販売している全てのソフトウェア製品を掲載したカタログをPDF形式でダウンロードいただけます。
 

[PDF2.0MB|2017.3月改定版]

ソフトウェアクレイドル製品案内

STREAM®を使用した活用事例
Tomo技術士事務所

photo

ファンのプロフェッショナルが開発に活用
特殊な現象や超音波解析にも取り組む

  • STREAM
  • SCRYU/Tetra
キャプティブエアー・システムズ 様

photo

厨房の排気フードシステムにおける湿度
排出の効率性評価にCFDを活用

  • STREAM
三機工業株式会社

photo

シミュレーション結果を目の前に実在するかのように3D体感できるMRシステムの構築により、イメージどおりの工事を実現

  • STREAM
  • SCRYU/Tetra
テンテックLLC

photo

電子機器の設計と解析サービスを提供する機械工学系コンサルティング企業

  • STREAM
ライオン株式会社 様

photo

部屋干しをスピード乾燥!角ハンガーを使った「アーチ干し」のすすめ | Lidea(リディア)

  • STREAM
関東学院大学 建築・環境学部 様

photo

室内環境のイメージと理解を促すSTREAM®を演習授業に採用

  • STREAM
水谷電機工業株式会社 様

photo

最適形状設計にSTREAM®を活用し、LED照明用高性能ヒートシンクを開発

  • STREAM
株式会社ミサワホーム総合研究所 様

photo

風や日光を取り入れる先人の知恵を現在のテクノロジーと融合し適用する「微気候デザイン」の実現をサポート

  • STREAM
  • SCRYU/Tetra
日立水戸エンジニアリング株式会社 様

photo

リアルタイムに熱問題を解決
設計者がすぐにアイデアを試せる環境こそが強さの秘訣

  • STREAM
  • 熱設計PAC
ペイエット 様

photo

建築設計とエネルギーモデリングプロセスを加速させるCFDツール

  • STREAM
東京文化財研究所 様

photo

文化財の保存で重要な温湿度管理にCFDを活用し省エネにも役立てる

  • STREAM
平田機工株式会社 様

photo

生産設備の気流解析にSTREAMを採用 現象の理解やプレゼンなど幅広く活用

  • STREAM
株式会社WindStyle 様

photo

より実務の精度を増し、より身近な世界に広がりを見せる風をシミュレーションする

  • STREAM
パナソニック株式会社 様

photo

業界最小となるBD用光ディスクドライブの開発に熱流体解析を活用 燃料電池システムなどのエネルギー分野へ適用を広げる

  • STREAM
  • SCRYU/Tetra
新菱冷熱工業株式会社 様

photo

BIMとの効率的な連携で
設計者がCFDを十分に活用できる設備工事会社

  • STREAM
名古屋市立大学大学院 様

photo

空調システムの効率化ツールをCFDと連成、建築物のライフサイクルを通した省エネへ

  • STREAM
名古屋市工業研究所 様

photo

地域企業の課題解決を熱解析ツールでサポート
試験業務の精度検証にも活躍

  • STREAM
  • 熱設計PAC
  • SCRYU/Tetra
防衛大学校 様

photo

ファンモデルの高精度化を追求
実験とCFDの合わせ込みで長年の課題を解決

  • STREAM
  • 熱設計PAC
  • SCRYU/Tetra
株式会社WindStyle 様

photo

建築分野でSTREAMが活躍、ビル風の予測から風力利用まで活用は幅広く

  • STREAM
サクサ株式会社 様

photo

客観的に解析結果を評価できる環境の構築がカギ

  • STREAM
  • 熱設計PAC
水谷電機工業株式会社 様

photo

ヒートシンクの専業メーカー 独自の使いこなしを追求

  • STREAM
株式会社日建設計 様

photo

STREAMを駆使して多様なシミュレーションで設計を支援する組織設計事務所の全社的BIM戦略

  • STREAM
アルパイン株式会社 様

photo

カーナビ設計で設計者による熱流体解析の定着に成功

  • STREAM
  • 熱設計PAC

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせは株式会社ソフトウェアクレイドル 営業部 (電話:TEL 06-6343-5641)または、下記フォームより、お気軽にお問合せください。

製品に関するお問い合わせ

最新CFDソリューション scFLOW
基板専用リアルタイム熱解析ツール PICLS

TOP