Home > 解析事例・インタビュー > ライオン株式会社 様

解析事例・インタビュー

ライオン株式会社 様
部屋干しをスピード乾燥!角ハンガーを使った
「アーチ干し」のすすめ | Lidea(リディア)

[前編] 身近な製品を提供しているライオンでは、製品を正しく使うことでより良い生活を送ってもらいたいと、家事やヘルスケアなどに関連した情報を発信している。より情報の信頼性を高めようと同社が取り組んだのが、ソフトウェアクレイドルの流体解析ツール「STREAM®」による解析結果の活用だ。本来目に見えないものを可視化した動画は非常に訴える力が強いという。

より快適に生活するためのサイトを運営

 ライオンはヘアケアやスキンケア、オーラルケア、また医薬品、衣料や台所、住居用の洗剤など、日用品を中心に製造、販売する企業だ。1891年に創業され、今年で125周年を迎える。生活に密着した製品を扱っており、おそらく同社の製品を使ったことがない人はいないといえるだろう。誰にでも馴染みのある製品を数多く取り揃えている。

 生活用品は、適量を適した方法で使用することで最大の効果を得ることができる。例えば洗濯は、洗剤と洗濯物、水の重量比が適切でなければうまく汚れが落ちない。そこで同社は、製品を販売するだけでなく、これらの効果的な使い方を解説したり、よりよい生活の助けになるような情報提供にも力を入れている。2014年にはその一環として、情報発信サイトLidea(リディア https://lidea.today/)をスタートした。ここでは日々の暮らしの中での疑問や悩みを解決したり、くらしの快適性を向上させるような記事を提供している。

写真1 ライオン株式会社
お洗濯マイスター 工学博士
繊維製品品質管理士(TES)
山縣 義文 氏

 Lideaでは、ライオン お洗濯マイスター(工学博士、繊維製品品質管理士)の山縣義文氏(写真1)をはじめとする5人の「暮らしのマイスター」たちが、それぞれの専門知識をベースにした“プロの視点”からのアドバイス記事が公開されている。暮らしのマイスターには洗濯に加えて掃除、オーラルケア、ヘルスケアの分野のメンバーがいるそうだ。快適生活研究所でさまざまな暮らしに関する研究を行い、そのデータを元に生活のお役立ち情報がアップされる。

写真2 抗菌効果を持つ超コンパクト衣料用液体洗剤 
トップ HYGIA(ハイジア)

洗濯物が最も乾く干し方をデータで証明

 Lideaで最近公開された記事の一つが、「部屋干しをスピード乾燥!角ハンガーを使った「アーチ干し」のすすめ」だ。天気の悪い日などに洗濯物を室内で干すと、いやなにおいが発生したことがあるだろう。これは洗濯の際に残った汚れに含まれる雑菌が増殖したことによるものだ。そこでライオンでは「部屋干しトップ 除菌EX」という、除菌効果(すでにいる菌を減らす)をもつ衣料用粉末洗剤や、「トップ HYGIA(ハイジア)」(写真2)という抗菌効果(菌を増殖させない)を持つ超コンパクト衣料用液体洗剤を販売している。ハイジアは2012年の日経MJヒット商品番付にも選ばれている。

 とはいえ、いくら洗剤が雑菌を抑えるといっても「洗剤を使うことと、きちんと乾かすことをセットで行う必要があります」と山縣氏はいう。実験※1によると、洗濯物を5時間乾かないままで置いておくと、においが出てくる。そのため5時間以内で乾かすことが重要になるという。

 洗濯物の干し方については、以前からどのように干せば最も早く乾くかなど検証してきたが、なかなか具体的なデータがなく、正確なところは分からなかったと山縣氏は言う。そこで実際にデータを取ってみることにした。その結果、角ハンガーへの洗濯物の干し方である「アーチ干し」、「長短干し」、「V字干し」のうち、アーチ干しが最も乾きやすいことを突き止めた。それぞれ、洗濯物を干した時に下のラインがアーチ、短いものと長いものが交互、V字になるような干し方だ。室温25℃、相対湿度65%の条件で実験を行ったところ、長短干しとV字干しだと4時間30分、アーチ干しだと4時間となり、明らかにアーチ干しが最も早く乾くことが確認できたという※2

図1 アーチ干しにおける流速分布図
線形低レイノルズ型乱流モデルを使用した非定常解析
※クリックで拡大

 

図2 左がアーチ干し、中央がV字干し、右が長短干しの解析結果 ※クリックで拡大

シミュレーションで予想外の結果に

 実験によってアーチ型が最も乾きが早いことは分かったが、その理由まではわからなかった。山縣氏が予想したのは「煙突効果」による上昇気流の発生だ。周辺より高温の空気の塊があるとき、高温の空気は低温の空気より密度が低いため上昇を始める。その結果、煙突外部の冷たい空気を煙突下部の空気取り入れ口から煙突内に引き入れながら、煙突内の空気が上昇する。アーチ型の干し方では、アーチの下の空間に軽くなった水蒸気が集まり、周りの空気を巻き込んで上昇流が生じ、洗濯物が乾きやすくなったのではないかと考えた。

 

 実際のところなぜアーチ型が最も乾くのか、また実験だけでなく異なったアプローチからも証明できないか考えている中で、コンピュータシミュレーションに取り組んでみることにしたという。居住空間の空気流れなどの研究を行っている大学の研究者に相談したところ、ソフトウェアクレイドルを知り、同社に協力を求めたという。

 

 山縣氏の依頼を受けてソフトウェアクレイドルによる流体解析ツール「STREAM」を使用した解析が行われた。実験結果との合わせ込みを行いながらシミュレーションをしたところ、予想とは異なる結果になった。図1のように上昇気流ではなく下降気流が発生していたのだ。洗濯物から発生する水蒸気の気化熱が周囲の空気を冷やし、その空気がアーチの下に集まって下降気流をつくり出したと考えられる(図2)。

 

 

​※1 松永聡:日常生活における洗濯衣料の部屋干し臭とその抑制、におい・かおり環境学会誌、36巻2号、(2005)
※2 2013年、日本繊維製品消費科学会において発表。

※STREAMは、日本における株式会社ソフトウェアクレイドルの登録商標です。
※その他、本インタビュー記事に記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※本インタビュー記事の内容は2016年6月現在のもので、予告なしに変更する場合があります。また、誤植または図、写真の誤りについて弊社は一切の責任を負いません。

プロフィール





 

ライオン株式会社
創業 1891年
設立 1918年
本社所在地 東京都墨田区
代表者 代表取締役社長 濱 逸夫
従業員数 連結:6,816名(平成27年12月31日現在)
事業内容 ハミガキ、ハブラシ、石けん、洗剤、ヘアケア・スキンケア製品、クッキング用品、海外現地会社への輸出
URL http://www.lion.co.jp/

ダウンロード

PDF

本インタビュー記事のPDF版をダウンロードできます。

ダウンロード

体験セミナー一覧

関連ソフトウェア製品

関連製品

関連製品
構造格子系汎用三次元熱流体解析システム
製品紹介ページヘ

このページを見た人はこのページも見ています

photo

株式会社ミサワホーム総合研究所 様

風や日光を取り入れる先人の知恵を現在のテクノロジーと融合し適用する「微気候デザイン」の実現をサポート

  • STREAM
  • SCRYU/Tetra
photo

金沢工業大学 工学部

工学部の教育現場でCFDを活用 基礎的な知識の習得に貢献

  • SCRYU/Tetra
photo

アルパイン株式会社 様

カーナビ設計で設計者による熱流体解析の定着に成功

  • STREAM
  • 熱設計PAC
photo

流体テクノ株式会社 様

豊富なデータとCFDのコラボレーションでさらなる競争力の獲得へ

  • SCRYU/Tetra

お問い合わせ

この記事に関するお問い合わせは、株式会社ソフトウェアクレイドル 営業部 (大阪:TEL 06-6343-5641 東京:03-5435-5641)または、下記フォームより、お問い合わせください。

製品に関するお問い合わせ

基板専用リアルタイム熱解析ツール PICLS

TOP