Home > CAE便利ツール > スタントン数

Cradle Viewer

計算ツール

スタントン数

熱伝達係数と流体の熱容量の比を表した無次元数です。
熱伝達係数を h [W/(m²·K)]、密度を ρ [kg/m³]、比熱を Cp [J/(kg·K)]、流速を U [m/s] とすると、スタントン数St は以下の式によって求められます。

スタントン数

固体表面と流体との間の熱伝達に対して、流体が輸送する熱量の大きさの度合いを表し、スタントン数が大きいほど、熱が伝わりやすいことを示しています。
スタントン数は他の無次元数を用いて以下のように表すこともできます。

スタントン数

ここで、Nu はヌセルト数、Re はレイノルズ数、Pr はプラントル数、 Pe はペクレ数を表しています。
なお、スタントン数という名前はイギリスの工学者 トーマス・エドワード・スタントンにちなんだものです。
 

熱伝達係数、密度、比熱、流速を入力し、「計算」ボタンを
クリックすると、スタントン数が表示されます。
デフォルト表示の密度、比熱は20℃の空気における値です。
なお、計算結果は参考値です。
熱伝達係数[W/(m²·K)]密度[kg/m³]比熱[J/(kg·K)]流速[m/s] スタントン数
※本計算ツールは、無償で提供するものですので、その品質や性能についていかなる保障もされておりません。したがって、利用者は自己の責任において使用することとし、使用することで生じた損害の一切の責任を弊社は負いません。
ソフトウェアクレイドル ユーザーカンファレンス2018

基板専用リアルタイム熱解析ツール PICLS

TOP