Home > CAE便利ツール > ストローハル数

Cradle Viewer

計算ツール

ストローハル数

時間変化によって生じる力と慣性力の比を表した無次元数です。
流れにある振動現象の周波数を f [1/s]、代表長さを D [m]、代表速度をU [m/s] とすると、ストローハル数St は以下の式によって求められます。

ストローハル数

カルマン渦などの非定常流に対して用いられ、レイノルズ数が約300 ~ 3×105 の円柱周りの流れでは、ストローハル数は0.2程度で一定となることが知られています。
なお、ストローハル数という名前はチェコの物理学者 ヴィンツェンツ・ストローハルにちなんだものです。
 

流速、円柱径を入力し、「計算」ボタンをクリックすると、
ストローハル数を0.2とした場合の渦発生周波数を表示します。
なお、計算結果は参考値です。
流速[m/s]円柱径[m] 渦発生周波数[Hz]
※本計算ツールは、無償で提供するものですので、その品質や性能についていかなる保障もされておりません。したがって、利用者は自己の責任において使用することとし、使用することで生じた損害の一切の責任を弊社は負いません。
ソフトウェアクレイドル ユーザーカンファレンス2018

基板専用リアルタイム熱解析ツール PICLS

TOP