Home > CAE便利ツール > レイノルズ数

Cradle Viewer

計算ツール

レイノルズ数

慣性力と粘性力の比をとった無次元数です。
代表長さを l [m]、代表流速を v[m/s]、流体の密度を ρ [kg/m³]、流体の粘性係数を μ [Pa·s]、動粘性係数を ν [m²/s] とすると、レイノルズ数Re は以下の式によって求められます。

レイノルズ数

レイノルズ数 レイノルズ数は分母が粘性力、分子が慣性力を表し、粘性力が支配的な場合にはレイノルズ数は低く、流れは層流となります。
一方、慣性力が支配的となる場合には、レイノルズ数は高く、流れは乱流となります。
なお、レイノルズ数という名前はイギリスの物理学者 オズボーン・レイノルズにちなんだものです。
 

空気/水を選択後、代表長さと代表流速を入力後、「計算」ボタンを
クリックすると、レイノルズ数が表示されます。
動粘性係数は20℃での値です。
なお、計算結果は参考値です。
空気
   
代表長さ[m]代表流速[m/s] レイノルズ数
※本計算ツールは、無償で提供するものですので、その品質や性能についていかなる保障もされておりません。したがって、利用者は自己の責任において使用することとし、使用することで生じた損害の一切の責任を弊社は負いません。
ソフトウェアクレイドル ユーザーカンファレンス2018

基板専用リアルタイム熱解析ツール PICLS

TOP